離婚する際にはきちんとした理由が必要

ビル

夫婦というの何らかの原因で離婚する場合があり、今の時代離婚は珍しいものではありません。
離婚の仕方も様々であり穏便に話し合いだけで離婚が成立する場合もあります。
ただ片方が離婚に応じない場合もあります。
その場合は裁判となりますが、裁判で離婚を認めてもらうには離婚するに相応しい理由が必要です。
浮気や不倫などの不貞行為や同居や一定の生活保証をされない場合や暴力などを受けている場合などがあります。
珍しいケースですが3年以上行方不明になっていて生死が定かではない場合でも離婚できる可能性はあります。
ただ世間でよく言われている性格の不一致による離婚は難しいです。
ただ離婚判決を得やすい理由の1つに婚姻関係の継続が難しいときがあります。
性格の不一致でこれが認められる場合は長期に渡って別居しているケースが上げられます。
いずれにせよ離婚する場合は子の親権や養育費、財産分与などの離婚後についてもしっかりと決めておく必要があります。

パソコン修理 西宮
助っ人屋にお任せください

英文の翻訳に特化したプロ集団とは

大阪 税理士

ビル

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

企業は法律だけに縛られている訳ではない

人の暮らし方が変って来ていて、働き蜂だけで生きて来たと言われる団塊の世代には、隔世の感を持つ人も多い

葉っぱ

法律は時代の変化と供に変わるべきもの

法律は何故存在するのだろうかと考えたことが、あるでしょうか。
多くの人は、その存在に疑問を持つ

ほほえむ女性

法律事務所に相談しに行った感想

まさか自分自身が法に関するトラブルに巻き込まれることになるとは夢にも思っていませんでしたが、予期せぬ

髪を掻き上げる女性

大学内のことは大学側で管理をするのが大学の自治

大学の自治とは普段はあまり耳馴染みのない言葉ですが、自治自体の意味は簡単に要約すると、本人たちのこと